消費者金融

消費者金融の仕組み

金融とは資金余剰主体から資金不足主体へのお金の融通のことで、資金不足主体は融通してもらったお金を元に収益を上げ、一定期間の間に資金余剰主体いお金を返済することになります。

これは、基本的に民法の自由契約に基づき、資金余剰主体と資金不足主体による契約によって成立します。仮に将来、資金不足主体から返済がなされれば問題ないのですが、契約通りお金を返済出来なくなった場合、不良債権となり、資金余剰主体は貸し付けた資金を回収不能となります。

そのため、不良債権が発生しないように、資金不足主体に担保や保証をつけるなどの対応策がとられています。